Vol.1 Kimié Miner/キミエ・マイナー

「様々な角度からキミエの魅力を体感できる名盤」

SONY DSC

情報

タイトル:『Kimié Miner』

発売日: 2015年10月9日

レーベル: Kimié Miner Music LLC

収録

1. Bottom of a Rainbow
2. Throwback Love
3. Love’s in the Melody Feat. Caleb Keolanui
4. Trouble
5. Make it to Morning
6. Fallin’ Again
7. Shine
8. Kumulau
9. Lullabies
10. New Day
11. Sweet Company

曲解説

1. Bottom of a Rainbow

彼女の代表曲であるBottom of a Rainbowにはハワイの魅力がたっぷり詰まっている。ぜひ、この曲のミュージックビデオを見てほしい。
今の時代とは逆行した昔懐かしのビデオテープで撮られた美しいハワイの映像にうっとりとする。
“We got pennies in our pocket but they still shine like gold cause we’re livin’ at the bottom of a rainbow. No house on a hilltop but we still call this home cause we’re livin’ at the bottom of a rainbow”
「ポケットの中には数円のコインだけ。そんなコインでも輝いてみえるの。それは私たちが虹のふもとにいるから。丘の上に家一つないけど、私たちはその丘を「家」と呼ぶの。だって虹の架かる場所に私たちは住んでいるから」
IZのOver the Rainbowも名曲だが、キミエのBottom of a Rainbowも素晴らしい。

3. Love’s in the melody

ハワイの人気アイランドレゲエバンド「The Green」のボーカル、カレブ・ケオラヌイをフィーチャーしたハッピーになれるラブソング。聴いている人たちを幸せで包んでくれるような歌詞もメロディーにうっとりする。
“When you’re feeling lonely, there’s no need to worry. My love’s in the melody for you. You will always have my heart. No matter where we are, my love’s in the melody for you.”
「あなたが寂しい時でも心配する必要はないの。このメロディーにはあなたへの愛が詰まっているから。いつだって、私のハートを感じることができるのよ。私たちがどんな場所にいたとしても、あなたへの愛がこのメロディーには詰まっているから。」

10. New Day

私が初めてキミエを好きになった曲。この曲を聴けば、嫌なことだって忘れて、「明日から頑張ろう!」って気持ちをリフレッシュすることができる。爽やかでポップなメロディーが心地よい。キミエが気持ちを入れ替える方法は、曲中で述べられている。
“I took a dive into the deep blue sea and swam as fast as my broken heart could carry me”
「深くて青い海に飛び込んで、傷ついた心と一緒に全速力で泳ぐの」
ハワイには、飛び込みスポットがたくさんある。ハワイで育ったキミエだからこそ書ける歌詞なんだと思う。

総評

ハワイのグラミー賞として名高いナ・ホク・ハノハノ賞を受賞したキミエ渾身のアルバム。このアルバムで面白いのは、彼女が様々なジャンルに挑戦しているところだ。アイランドレゲエ、ポップ、アコースティック、ハワイアンなどジャンルの幅が広く、様々な角度からキミエを楽しむことができる。キミエは他にもアルバムをリリースしているが、まだキミエを聴いたことない人に、まず買ってほしいオススメのアルバムだ。

商品の詳細及び購入については↓のリンクからどうぞ。

Kimié Miner-キミエ・マイナー

Follow Me!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です