キミエ・マイナー(Kimié Miner)

「カリスマ性溢れるハワイ出身シンガー」

kimie-miner11-1-1

ポイント

①ナ・ホク・ハノハノ賞「最優秀コンテンポラリーアルバム賞」受賞

②レゲエ、ポップ、ハワイアン、ジャズなど幅広いジャンルを歌いこなす

③日本が大好き!「君枝」として日本デビューすることも夢見ている

プロフィール

anuhea-and-kimie-1-1

アヌヘア&キミエ・マイナー

ハワイ島出身のシンガーソングライター。ジャズやR&Bに影響を受け、14才でギターを握り始める。2013年に発売したファーストミニアルバム「To The Sea」では、「Is This Love?」や「Shame on You」、さらに高校時代の同級生イムア・ガルザを客演に迎えた「Make Me Say」が、地元ラジオ局KCCN-FM’sの「2013年ランキングトップ40」で1位に到達した。2015年には、レゲエ、ポップ、アコースティック、ハワイアンなど幅広いジャンルに挑戦したフルアルバム「Kimié Miner」をリリースした。ハワイの人気アイランドレゲエバンド「ザ・グリーン」のボーカル、カレブ・ケオラヌイとの共演曲「Loves in the Melody」や彼女の代表曲「Bottom of a Rainbow」、「New Day」など、メディアでも積極的に取り上げられた。そして遂に、2016年5月に開催されたハワイのグラミー賞として名高いナ・ホク・ハノハノ賞で、同じアルバムが「最優秀コンテンポラリーアルバム賞」を受賞した。

もっと詳しく知る!

私が初めてキミエを見たのが、2016年に行われたハワイで絶大な支持を得る女性シンガー、アヌヘアのブルーノート・ハワイでのライブだった。アヌヘアのゲストとしてキミエが紹介され、ソロ曲「Bottom of a Rainbow」を披露した。彼女の特徴的な歌声とハワイの魅力が滲み出る素敵な歌詞にうっとりとした。私と一緒に観ていた友達も「キミエ顔も声も可愛すぎ!」と大はしゃぎだった。ライブ終了後、迷わず彼女のCDを購入しサインをもらった。家に帰ってCDを聴くと「なんて魅力的なシンガーなんだ!」と何度も同じCDを聴き続けた。自然と耳に入るメロディーが心地よい。様々なジャンルから構成された彼女のアルバムは、何回聴いても飽きなかった。

そして、私が編集部員として働くハワイ情報サイト「Myハワイ」で彼女にインタビューをすることに成功した。彼女は過去に私がブルーノートでCDを買ったことを覚えてくれていて、僕の顔をみて認識してくれた。その時はテンションが最高潮になった。そして、彼女はインタビューで「今まで行ってきた国の中で一番日本が好き」と私に話してくれた。実は、2015年に舞浜で行われたナ・ホク・ハノハノ賞のライブイベントで、彼女はライブをしていたのだ。今年のナ・ホク賞できっとキミエが受賞するぞ、と会社の上司と話していたら、彼女は最優秀コンテンポラリーアルバム賞を受賞。会場にいた私はキミエと飛び跳ねながら喜んだ。見ていた私もなぜか嬉しさのあまり涙が出てしまった。

・・・っとまぁ、思い出話はさておき、彼女は「日本でもいつかデビューしたい!」と言ってたし、「キミエ」という名前は日本人にとって馴染みやすいし、ルックスも曲調も日本にかなり合っている。彼女の良さは、自然と耳に入ってくる「心地よさ」。ハワイ好きの日本人には特におすすめしたい。私はこれからもキミエのことを応援したいし、日本にもどんどん広めていきたい。キミエはきっと日本でも有名になるはず!

キミエ・マイナー (Kimie Miner)

ディスコグラフィー

2015年10月9日 Kimié Miner

2013年 5月5日  To The Sea

2009年 12月8日 Distance Traveler

受賞

2016年 ナ・ホク・ハノハノ賞「最優秀コンテンポラリーアルバム賞」受賞 (Kimié Miner)

2015年 Surfroots.com「最優秀アルバム賞」ノミネート

2014年 ナホクハノハノ賞「最優秀新人賞」「最優秀EP賞」ノミネート (To The Sea)

2013年 The Pier Award「最優秀新人賞」ノミネート

関連リンク

Kimié Miner公式サイト: http://www.kimieminer.com/

・Facebook: @playkimie

・instagram:@playkimie

・Twitter: @playkimie

・Myハワイ: 「ハワイで直撃インタビュー」第92回 ハワイの実力派若手女性ヴォーカリスト、キミエ・マイナー

Follow Me!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です